働くメリット|タクシー会社に転職したい方必見のおすすめ求人【ラクして探そう】|taxi driver

向いている人ってどんな人?タクシー業界に転職するメリットと流れ

働くメリット

タクシー

縛られない

タクシー会社へ転職をした人たちは口々に、自由に働けて最高だといっています。それがタクシー運転手として仕事をする最大のメリットでしょう。時間に縛りがなく、大勢に混じって仕事をするわけではないため一人でゆったりと仕事がしたい人向けです。お昼も好きな場所でとれるので、先輩に気を遣うこともなく、無理に相手へ合わせる必要はありません。勤務日数を少なくすることも可能で、生活と仕事を上手く両立できることも転職先に選ばれる一つの理由です。普通の会社は65歳で定年を迎えますが、タクシー会社の場合65歳を過ぎても働くことができ、中には70歳を迎える人もいます。健康に問題がなく、本人に働く意思があればどなたもタクシー運転手として活躍することができるのです。働いている人のほとんどは、定年退職後に第二の人生としてタクシー運転手をしており、楽しく働いていますよ。

未経験者が多い

全くの業界未経験者も、研修や経験のお陰でバリバリ働いているのがタクシー業界です。逆に経験者の方が少ないでしょう。こうしたことを踏まえた上で転職サイトに求人を掲載しているため、紹介欄には未経験者歓迎という文字が多く見受けられます。運転に自信がない人や、地図を見るのが苦手という人のための研修も用意されており、地図に関しては各タクシーにカーナビが設置されています。これなら土地勘があまりない人でもお客さんを無事目的地に到着させられますね。また、未経験が多いということもあって、慣れるまでの苦悩を皆知っていますから、先輩や上司も優しいです。とてもアットホームは会社なので、溶け込むまで時間はかからないでしょう。

転職までの流れ

採用されたら研修をする

転職したタクシー会社によりますが、独自に研修スペースを設けているところがあります。入社後はそこへ行き、知識として必要な地理、待遇、交通に関することを教え込まれます。地理の場合は試験があるので、合格すればドライバーとして働くまであと少しです。期間は2日から4日で、地理が中々覚えられないと長引くこともありますが、しっかり指導をするので焦らず頑張りましょう。また、分からないことは必ず理解するまで聞くことが大切です。

地理に合格したら二種免許を取得する

先に取得するケースもあれば、様々な研修を終えた後に会社が指定した自動車学校で二種免許の取得をします。無事合格したら、腫れて免許保有者となります。ただ、中には一発合格できないこともあるのでその時のサポートがどうなっているか確認しておきましょう。時間がかかっても2週間程度で取得可能です。

先輩ドライバーとの研修

二種免許を取得した後実際にタクシーに乗って道を走ります。隣には指導者が座っているので安心して大丈夫でしょう。この時間でタクシー運転手に適しているかを判断したり、メーターを操作する方法を指導したりと業務に必要な事を叩き込まれます。これは必ず必要な知識になるので、スルーせずしっかり聞きましょう。期間は1週間から10日間ほどです。

実際に走る

免許取得、研修、実務を終えた後ようやく独り立ちです。最初は不安がありますが、研修で習った通りに行えば無事に一日を終えることができるでしょう。もし困ったことがあったら無線を通じて相手と連絡を取ることができます。ここまでくるのにかかった日数は約一か月ですが、人によってばらつきがあります。あくまで目安なので気にせずペースを守っていきましょう。